top of page

BLOG

​ブログ

いつか赤ちゃんに出会う日のために、

「今」自分の心と体を見つめて未来に備える学校

第二子自宅出産レポ



2023年7月5日20時14分

第二子(長女)を自宅で出産しました。





自宅出産は(助産院でも同様)

妊娠中に大きな問題がなく、

37週〜41週の中でしか

出産に挑むことができません。

問題があったり、正産期以外は提携の病院での出産となります。




予定日は7月5日。


6月14日が37週だったので、

その日を迎えるまでは、

「もう少しお腹に居てね〜」

とお腹に声をかけていました。


14日を迎えてからは、

「いつでもいいよ〜」

「あなたのタイミングでおいでね」

と声をかけ、

赤ちゃんのタイミングで

生まれてきてほしいなと

願って待っていました。



1人目の時は、

このくらいに出て来てほしいな〜

という希望があった為

「いつごろ生まれてきてね!」

「あと何回寝たらでてきてほしいな〜」

なんて声かけしてました。



今回の妊娠期間中は

全て受け入れるよというスタンスでいる

自分の変化に驚きと、関心を寄せていました。



今を味わい、

自分にとっての幸せに沿った

生き方ができると

そういうスタンスになれるように思います。



ゆるゆる〜な私↓




7月5日(40週0日、予定日当日)

ちょうど妊婦健診があり、


9時20分助産院へ



はじめての内診です。

子宮口の開きは1.5cm程度🙄

エコーでも赤ちゃんの顔が

普通に見えていることから、

下がってる感じもナシ!


「まだそうだね〜。」とのこと😵



自宅出産するのに

リミットはあと1週間!



おっとおおおお!!

と一瞬思ったけど、


まあ、ちゃんと来てくれるでしょ〜🤔

と謎の自信がw←なぜ😂





出てきてくれるとは思っていても、

やれることはやろう💡

と思い、

陣痛促進アクションを3つ程実施しました😊



①声かけを変える


「いつでもいいよ〜」

    ↓

「もう出ておいで」とお腹に声かけ🤭


声かけで体の反応は驚くほど変わります!

これは、1人目の時から体感しているし、

私の患者さんたちも体感しているから確か!

マインドは超大事!!



いつでもいいよ〜

あなたのタイミングでいいよ〜

好きな時においでね〜

↑これじゃ、そりゃ

ゆったりしていたかったよねきっと🤣🤣w




②ひまし油を飲む


自然療法で、下剤として使われている油です。

自然療法が好きな人は知っているかな?


腸の動きが活発になることで

子宮が刺激されて、収縮する回数が増え、

子宮口のマッサージになります✨


腸の痛みが伴うけど、

陣痛に繋がる人も多いそう。

もちろん繋がらない人もいるけど、

子宮口のマッサージになるという点は

確かだから、有効だよね💡




③アロマを使う


クラリセージのアロマオイルを

お腹に塗る&匂いを嗅ぎました。


クラリセージは、

陣痛促進作用があるから、妊婦さんは禁忌!


陣痛促進にはとってもいいので、

正産期に入ったらリラックスタイムに使ったり、

病院に持ち込んだりするとおすすめです✨





11:00頃


ウォーキングも兼ねてランチに行こう〜と思い

家を出発🚶



ひまし油の下剤効果が

想定より早く到来!



11:20

近くにあったジョナサンに駆け込む🚽💨



こりゃあ、効果抜群だあ!と思ってランチを断念!

ウォーキングはしたかったから

トイレのあるコースを辿りながら帰宅することに🏠


ファミマとスーパーのトイレに

お世話になってww




12:00 家に到着


母と電話したり、夕飯の支度をして

(夕飯はめぐるくんが大好きな煮込みハンバーグ😊)


トイレには2回お世話になり、

出し切ったおかげで体めちゃくちゃ軽くて、

ラッキー💖なんて思っていました。




14:20 1人焼肉ランチへ


子宮が収縮する回数は結構あり、

いててててて〜、いい感じ〜❣️と思いながら

美味しく焼肉をいただき、


洗濯を取り込んで、

家の掃除を軽くして、



16:30 めぐるくんのお迎えへ。


子宮収縮の痛みはあるけど

普通に生活出来てるし、


ひまし油効果すごいな〜✨

と関心、、



今朝まだまだって言われたし、、

そんなにすぐ子宮口開くこともないでしょ〜?


と、この時はまだ

まさか今夜中に生まれるなんて

思ってもいませんでした。





めぐるくんと帰宅して、

一応

陣痛カウンターってやつをダウンロード。

起動開始。


こんな感じでした↓




17:30 主人帰宅

めぐるくんと主人の夕飯を出して


私はシャワーを浴びる事に。

↑このまま出産になるかも⁈って思い始めていたけど

ひまし油による子宮収縮なだけかもしれないし!

とまだ認めないwww




シャワーから出て、私も夕飯食べよ〜

と思ってた時に、


痛みが1段階上がり



18:15 助産院に電話することを決意!!


電話して15分後には

助産師さんが来てくれて、

早さにびっっっくりしました。




波が来てれば痛いけど、

きてない時は全然余裕で

玄関を開けた時には

助「あれ?まだまだな感じ?」

と言われたほど、スタスタ対応😆



内診してもらうと子宮口4〜5㎝


「陣痛だね🤗」と言われて

謎に驚きました笑




帰ってもらうの申し訳ないなー。

とか、

助産師さんたち夕飯どうするんだろー?

とか

心配していたの笑

経産婦は早いってこういうことなのかなと思います!!

経産婦さん、気をつけて🥺




どうしても赤富士を書きたい人がいたので

インスタライブをしながら書くことに。



赤富士書けて嬉しい!

みなさんの元に新たな命が宿りますように。






ぐんぐん陣痛は強まり、、、、




20時14分

無事出産しました。








スピード出産だったから、

今だに信じられないというか、

本当に産んだん?!って思ってしまうほどですが

3台のカメラがばっちり出産の様子を

捉えてくれていて、

誕生の瞬間の下からアングルまで

撮ってもらうことができて宝物です。





スピード出産すぎて

実家の両親は立ち会いには間に合わず

もっと早く連絡しておけばよかったな〜と

心残りは少し🥺

けど生まれて1時間以内の子を

抱っこしてもらうことができたのは

嬉しかったです。


産後もインスタライブしてみました。


もっと気の利いたこと言えればよかったー

言うこと準備しておけばよかったーと

ここも少し心残りですが、


まさか産後もライブできるなんて

想定してなかったので

できたことはよかったなと思います!





最近は病院でも増えている

フリースタイル出産について

少し触れておきますね。



病院のような仰向けのお産は

ドクターにとって都合の良い格好であり

お産するには不都合が多い体勢だと言われています。




私の場合、

椅子にもたれかかる姿勢が1番楽でした!


本能的に?自然と?この姿勢をとってました😊



波がすぎたら部屋をうろうろしたり、

飲み物をとりにキッチンにいったりと、

非常にリラックスしてやりたいように

体を動かしていたので、

すごく褒めてもらいましたよ🤗

赤ちゃんが降りてくると、

う◯ちしたい感覚と、腰がズーンとくる感覚があって、

腰と股の下に手を当ててもらうとすごく楽に感じました。



小さい子供を立ち合わせる場合、

お産に集中できなくて

陣痛がうまく来なくなっちゃう人が多いと

聞いていたけど、


私は全然!まったく気になることはなくて、

途中抱っこしたり、痛い時に抱きしめたりしてました。


息子もね、

ママがいつもと違うってことは

ちゃんとわかってたように思います。



うんち座りの格好や

四つん這いが本来自然な格好と

言われているので、

できればその格好で産んでみたいなと

思っていたけど、


私は足首が硬い関係で、

通常時でもその体勢は苦手!


その体勢になろうなんて1ミリも思えなくてw



いきむタイミングから仰向けになって

産みました。



主人の首に腕を回して、

全身で支えてもらったおかげで

すごくいきみやすかったりし

頼もしくて、完全リラックスできていた

ように思います😊







病院での出産、自宅での出産、

どちらも経験してみて


みなさんに伝えたいことを少し

綴らせてください。





妊娠・出産は、素晴らしいことです。



世間一般的にある、

妊娠=大変

お産=痛い

このイメージは、

正解でもあり、不正解でもある。

と私は思います。



何事も、現象は現象でしかありません。


それをどう捉えるかは受取手次第です。



妊娠を大変なものにするか、

幸せなものにするかはその人次第だと思います。



妊娠を大変にしないためには

準備あるのみです。


知識をつけて行動するのみです。




お産も、全く同じで、

知識をつけて、準備すれば

怖いものではないんです。



お化け屋敷も、

ここでこんなお化け役が出てくるよって

事前に知っていたら怖くないですよね?

それと同じと言ったら語弊があるかもだけど、

それと同じようなことが

お産にも言える部分はありますよ。






妊娠・出産というビッグイベントを

体験できること自体が

すごくラッキーで、ありがたいことです。



命懸けで望む大変なことだからこそ、

人生の中でそう何回も経験できるものじゃ

ないからこそ、

貴重であって、

人生を大きく変える力があります。





これまでの人生において

1番幸せだったことはなにか?と聞かれたら

間違いないなく

お産を経験できたこと

私は答えます💓



これから先もこれを更新する出来事は

現れないんじゃないかなあと思ってます。





お産、最高です!







自宅出産をすることに周りに話すと、

「すごいですね!」と言われたり

「自宅出産なんてできるの?」と、

驚きの反応をもらうことが多くて、

正直みんなの反応に驚きました。



私的な感覚では、

助産院の方が、「安全」と思っていたんですよね。





病院での出産はパソコンと数字を見ていて

枠にはめてくるでしょ?

ルールが決まっていて、

それからはみ出ることはしないでしょ?


なにかあったらまずい。判断基準はそこでしょ?


健診はいつも待たされて、

健診ではなくて、検診でしょ?

なにかまずいことがあってはじめて指摘だよね?




助産院は、

健康でなければいけないから、

体を見てくれるし、話を聞いてくれる、

疑問には答えてくれるし、

とにかくコミュニケーションが成り立つんだよね。




出産をする上で、

不安・緊張があるのって

すごく危険なことだと思うんだ。



不安や緊張がない、

緩んだ状態で出産できること

こそが安全だと思うんです。

病院が安全じゃないと言いたいわけではないです。



助産院はなにか起こしては絶対にだめ、

だからね、

感覚や勘、が桁違いで研ぎ澄まされてると

感じました。





出産中なにかあった場合は、

提携している病院に搬送される仕組みに

なっているのですが、


やはり、なにかあった時は、

1番怖いじゃない?


何かあった場合の対応策と、

その時の判断基準はなにでするんですか?など

たくさん質問しましたよ。


しっかりと時間をかけて、

全てに丁寧に答えてくれたから、

安心できました。

家族にも、しっかり話すことができ、

自宅での出産を賛成してもらえました。





産後のケアについては

産後2時間自宅にいて、

出血量や体温・血圧の確認などしてくれました。

次の日からは

4日間毎日訪問して母子の健康を確認してくれます。



産後の赤ちゃんは体重が自然と減ること、

何%減ったら良くないこと、

黄疸になりやすい理由、

どうしたら横断を防げるのか?

母乳育児のスタートダッシュの仕方、

K2シロップについて、

臍の緒の状態、などなど、

第一子の時はここまで聞けなかったよ。

知らないことたくさん教えてもらいました。






お産は、その子との人生がスタートする初日。



あなたなら

どこで、どんなふうに

スタートしたいですか??



どんなお産にも

正解も不正解も存在しないものだけど、




あなたがあなたの意思で選択できたらいいなと

思うわけです。





どんなお産であろうと、

最高のお産にしてほしいなと願うばかりです。



自宅出産という選択もあるということが

どなたかのお役に立てれば嬉しいです。







この後も記録として


✔︎産前にしたこと&読んだ本の紹介

✔︎私のバースプラン


など記録として綴っていこうと思いますので

興味のある方は見てください。




最新記事

すべて表示

自宅出産をした私のバースプラン

バースプランとは? どんなお産を望んでいるか、出産中や産後にどんな風に過ごしたいか、を記入する用紙のことで、一般的な産院では妊娠後期に渡されるところが多いです。 今回私がお世話になった助産院からはもらわなかったけど、自分から書いて渡しました。(渡すのが早かったのか?渡し忘れたのか?元々ないのか?わかりません) 皆さんは、 どんなお産がしたいか 明確にありますか? 第一子の出産は病院でした。 その日

Comments


bottom of page